お客様の声 Voice

株式会社フォーエス 代表取締役 和泉武志様

株式会社フォーエス 和泉武志 代表取締役インタビューの様子1

お客様の懐まで入り込んで、うっとうしがられながらでも顧客に喜んでもらう事を優先し、開発を行う会社のスタイルの株式会社フォーエス 代表取締役 和泉武志様へインタビューいたしました。お客様のニーズに合わせて、フルカスタマイズでシステムを制作するWEB開発企業。オープンソース、クラウド、スマホ、AIなどの先端のトレンドの技術を常に使って開発しています。

顧問弁護士の必要性を感じたきっかけを教えてください。

取引先が拡大してきたこともあって、契約事がより多くに発生しはじめ、リーガルチェックをちょっと素人的に行っていた所を、専門家に見ていただく必要があると考えたためです。

顧問プランについてどう思いますか?(例えば、ご紹介したいとか)

酒井弁護士には本当に柔軟に対応して頂いております。また気配りも細やかでしっかりとした資料作成をすぐに出して頂いており、素晴らしいと思いますし、とても安心感を頂いています。

株式会社フォーエス 和泉武志 代表取締役インタビューの様子2

オーセンスと顧問契約したことで、社内社外の変化やご自身の心境変化などはありましたか?

リーガルチェックというところで、後ろ盾の恰好が出来たっていうところですね。先ほどと重複になりますけど、やっぱりこれで間違いが無いというような、安心感は本当に増えました。
また、多少アレンジをした毛色の変わった契約というのも増えてきましたので、例えば著作権ライセンスの所だったり、派遣のあたりの契約の厳密化みたいな所では本当に助かっていますね。これで良いという安心感を頂いています。

御社にとってオーセンスとはどのような存在ですか?

本当にありがたいなと思っていますし、後ろ盾の存在を強く感じています。
まだ、部分的な契約面、書面でのリーガルチェックというところしか出来ていないのですけれども、ここから先、弊所のビジネスモデルが変革していく、進歩していく中では方向性とか、法律的に不明確な点もご相談をしていける事は有難いと思っています。
これからより、頼りにできるようにビジネスを発展していきたいなと思っています。

現在、顧問弁護士を検討している方々へアドバイスをお願いします。

オーセンスさんは、業界に詳しく、専門性が高い弁護士の方が担当して頂いている所もありますし、ホスピタリティというかお客さんに寄り添ってやって頂ける所と、素人にもよく分かるような、細やかなコメントを書き留めて頂いたり、他の弁護士様の対応っていうよりは、きちんと整理された状態で頂けるという所では、良い法務の顧問様かなと思っております。

【インタビュー】和泉武志 様(代表取締役 株式会社フォーエス

弁護士の声酒井 広志

フォーエス様は委託者・注文者と受託者・請負人双方のお立場で業務をされているので、場面場面でのお立場の違い等を意識するよう心がけております。(第二東京弁護士会所属・酒井 広志)

CONTACT US

顧問弁護士・企業法務に関する
無料法律相談のご予約はこちら

メールでお問い合わせ メールフォームへ
電話でお問い合わせ
0120-525-953
受付時間 月~金 9:30-18:30