お客様の声 Voice

株式会社SmartHR コーポレートグループ 弁護士 小嶋陽太様

株式会社SmartHR コーポレートグループ弁護士 小嶋 陽太様インタビュー1

企業が行う「入退社の書類作成」「社会保険・労働保険の各種手続き」等を、かんたん、シンプルにするクラウド型ソフトウェアを提供している株式会社SmartHRのコーポレートグループ弁護士 小嶋陽太様へインタビューいたしました。

顧問契約の必要性を感じたきっかけを教えてください。

私が入社するまで、弊社には法務担当者がいませんでした。
とはいえ、事業自体は急成長し、それに伴い取引量が増大していったことから、それに比例して、契約書チェック・修正などの作業も増大していきました。
そこで、日常的に契約書を見てくださる方や、相談ができる方の必要性を強く感じたというところが、顧問契約のきっかけになりました。

顧問サービスについてどう思いますか?

現在は週二回、弊社に常駐していただいているとともに、弊社にいらっしゃらない日もSlackなどで質問すると迅速にお答えいただけるので、非常に助かっています。
顧問として日常的にご対応いただくことによって、徐々に弊社のサービスの理解度も深まっていくので、かなり実態に沿ったアドバイスをしてくださるようになりますし、常駐してくださるので、物理的に私だけでなく弊社の社員も話しかけやすく、相談しやすい状況においてくださっているのが非常にありがたいです。

スポットで外部の先生に依頼する形だとここまでワークしないなと思いますので、やはり顧問という形で、契約させていただくのが弊社にはフィットしていると思っています。

株式会社SmartHR コーポレートグループ弁護士 小嶋 陽太様インタビュー2

顧問契約したことで、社内の変化やご自身の心境変化などはありましたか?

スピード感をもって事業活動を進めていく一方で、契約書の部分でつまずくおそれもありましたが、そこの守りがかなり固められたなと思っています。

非常にスピーディーに対応してくださるので、事業の成長スピードを維持しながら、法的な部分での守りを固められているというのは、非常にありがたいことですね。

私個人としても、自分以外にまだ法務部員がいないため、法的論点について議論をしたり、確認をしたりする相手がいなかったのですが、今はお隣に先生がいらっしゃいますので、気軽にディスカッションできるのが非常にありがたいです。

インハウスの弁護士だけでなく、外部の弁護士を活用される理由は何でしょうか?

単に法務と言ってもその分野は幅広く、作業の内容も単純なものから高度なものまで様々です。
それらのタスクをちゃんと分類したうえで、効率化できるところは効率化し、より注力すべきところに労力を割くことが重要だと思っています。

そもそも弊社のサービス「SmartHR」も、バックオフィス業務の効率化・高付加価値化を可能にするサービスです。また、ツールや社外リソースなど活用した方がよい所は最大限に活用して合理化を目指すことが弊社の重要なマインドとなっています。

例えばそのマインドの現れとして、弊社でも2018年8月から「雇用契約機能」という、雇用契約を電子上で締結できるサービスをリリースしております。これにより雇用契約管理にかかる膨大なコストと手間を軽減し、その他の労務タスクに注力することが可能になるため、特に入退社が多い飲食業界などのクライアント様から大変好評を得ております。また、2019年4月からは、労働条件通知について、従来のような書面ではなく電子上での通知を解禁する法改正がされたため、雇入れ時の通知や契約をすべて弊社の「雇用契約機能」上で完結できる体制になりました。

上記のようなタスクの分類や効率化のマインドを法務の仕事面においても大事にして取り組んでいきたいと思っています。

その意味では、契約書を見ていただいたり、契約に関する社員の問い合わせに答えていただいたりというタスクは、まさに外部の弁護士さんが得意とされている分野であるとともに、外部の力を借りやすい分野ですので、どんどん活用させて頂いております。
また、各専門分野の新しい情報などについては、企業の法務部では逐一キャッチアップすることが難しいので、そういった面でも外部の弁護士さんの最新かつ専門的な知見を活用させて頂きたいと考えています。

御社にとってオーセンスとはどのような存在ですか?

ビジネスを迅速に進める中で、いつも隣で併走してくれる必須の存在です。
今後ともよろしくお願いします。

【インタビュー】小嶋陽太 様(コーポレートグループ 弁護士 株式会社SmartHR

弁護士の声中村 穂積

定期的にお邪魔させて頂いておりますが、社風は暖かく、みなさんに優しく接して頂き、大変居心地よく過ごさせて頂いております(幣所よりも?)。また、小嶋先生はじめ優秀な方も多く、自分自身も日々刺激を受けています。成長と発展を身近で感じることができて光栄です。今後の益々の発展に向けて、微力ながら全力でサポートさせて頂きたいと思っています!(東京弁護士会所属・中村 穂積)

CONTACT US

顧問弁護士・企業法務に関する
無料法律相談のご予約はこちら

メールでお問い合わせ メールフォームへ
電話でお問い合わせ
0120-525-953
受付時間 月~金 9:30-18:30