お客様の声 Voice

DOC株式会社 代表取締役 廣瀬義憲様

DOC株式会社 代表取締役 廣瀬義憲様インタビュー1

DOC株式会社 代表取締役 廣瀬義憲様のインタビューです。日本で働きたい外国人留学生や外国人と人材会社を最適にマッチングするサービス「DOC」の開発・運営を行っています。外国人求職者の ”人材会社に登録したのに、内定に繋がらない” 課題と、人材会社の抱える ”たくさんの広告費をかけたのに、最適な候補者が自社DBにいない” 課題へ取り組むために、資金調達というターニングポイントでオーセンスの「ベンチャー支援プラン」をご契約いただきました。

顧問弁護士の必要性を感じたきっかけを教えてください。

顧問弁護士の必要性を感じた最初のきっかけは、創業から約1年後の資金調達のタイミングです。エンジェル投資家からの資金調達ということでしたが、ファイナンスは後戻りのできない重要なターニングポイントなので、素人である私一人で考えるよりも経験豊富なリーガルパートナーと一緒に考えた方がよいと思いました。

ベンチャー支援プランについてどう思いますか?(例えば、ご紹介したいとか)

一人でも多くの起業家に、このサービスを知っていただき、ご活用していただきたいと思っています!特に、私が気に入ったのが、年間12時間をどのタイミングで利用しても良いというところです。また、企業のステージごとに合わせた料金形態なので、納得感のある料金形態です。

オーセンスと顧問契約したことで、社内の変化やご自身の心境変化などはありましたか?

一番大きかったのが、いつでもどこでも気軽にチャットツールを使ってリーガルの質問ができるということです。私たちのようなまだまだ小さい企業にとって、社内に法務部を設けることは難しいので、これまでは、様々な契約の場面でも小さな問題は自分達で調べて解決していくスタイルをとっていましたが、かなり限界を感じていました。オーセンスのベンチャー支援プランを利用するようになってからは、少しでも法律的に気になったことを気軽に質問できてすぐに回答をいただけるので、法律の専門家ではない経営者にとって、とても強い味方です。

DOC株式会社 代表取締役 廣瀬義憲様インタビュー2

実際にご来所されてご相談されたときの印象はいかがでしたか?

オーセンスCOOの井村さんと面識があったので、顧問弁護士についてご相談させていただいたのですが、初めてオーセンスの弁護士の方々とお話しした際に、とても丁寧に、そして熱心に私の話に耳を傾けて下さりました。そして、担当弁護士の選定に関しても、私や弊社の相性に合わせて丁寧に選定していただきました。

御社にとってオーセンスとはどのような存在ですか?

最高のリーガルパートナーです。

【インタビュー】廣瀬義憲 様(代表取締役 DOC株式会社

弁護士の声藤田 智子

DOC様とはSlackにて連絡を取っているため、社内雰囲気や動向、代表取締役廣瀬様が何を大切にしているのかなどを随時間近で知ることができ、まさにDOC様の法務部の一員のような立ち位置で顧問対応をすることが出来ていると感じております。(第二東京弁護士会所属・藤田 智子)

CONTACT US

顧問弁護士・企業法務に関する
無料法律相談のご予約はこちら

メールでお問い合わせ メールフォームへ
電話でお問い合わせ
0120-525-953
受付時間 月~金 9:30-18:30