事業譲渡・会社分割

事業譲渡・会社分割

これらは、事業再生を行う際の手法の1つとして用いられます。事業譲渡方式は、事業を事業譲渡の方法によって、優良事業部門と不採算事業部門を切り離さずに、別の法人格に移して優良事業部門を中心に事業の維持・再建を図る方法です。この場合、債務者企業そのものは清算手続きを行うものの、事業を移転した法人はスポンサー企業の一部門として再建していくことになります。

他方において、会社分割方式は、事業譲渡方式と同様に事業を会社分割の方法によって別の法人格に移して優良事業部門を中心に事業の維持・再建を図る方法の一つで、優良事業部門と不採算事業部門を切り離して再生を図る場合に用いられる方法です。一般的な会社分割の方式では、残された不採算事業部門を中心とした債務者企業は、債権者からの協力を得ながら再生を目指すものですが、不採算事業部門は負債の多くを抱えた状態であるため、建て直すことは難しいこともあり、多くの場合は遊休資産等を売却したのちに清算することになります。

上記2つの方法はそれぞれ場面に応じて使い分けられており、当事務所では、それぞれの方法を用いた際に想定されるメリット・デメリットにも配慮しながら、実態の把握、再生方針の策定、DD及び事業計画案の策定等各種手続きについて的確かつ良質なリーガルサービスを提供いたします。

関連コラム

関連する記事はありません。

CONTACT

案件のご相談・ご予約のお客様