DPO

DPO

DPOとは、ディスカウントペイオフ(Discount Pay Off)の略称で、金融機関などの債権者が、不良債権処理のために、債権の額面金額よりも大幅に低い価格で第三者(通常はサービサー。)に債権譲渡し、その後、第三者が債務者から当該債権を回収することを言います。
金融機関が、債務者に対して、単純に債権放棄をした場合、放棄額を税務上損金に算入するためには、一定の要件が必要となりますが、DPOによる債権譲渡の場合、対価が適正な価格あれば、債権譲渡損を損金に算入することができます。

当事務所では、豊富な実績と経験のある弁護士が、事業の性質やクライアントの状況に応じた最適なリーガルアドバイスを提供致します。

関連コラム

関連する記事はありません。

CONTACT

案件のご相談・ご予約のお客様