DIPファイナンス

DIPファイナンス

DIPとは、Debtor in Possession(占有を継続する債務者)の略で、旧経営陣が残り、再建に当たっている企業を指し、DIPファイナンスとは、民事再生手続きや会社更生手続き等の倒産手続に入っている債務者企業(DIP)に対する新規融資のことを言います。
元々は、アメリカの法的倒産手続きの実務における総称を指していましたが、日本においてもかかる制度の必要性が認識され、利用されています。

当事務所では、金融機関側や申立人側に関わらず、民事再生手続きや会社更生手続きのサポートを幅広く行っております。

関連コラム

関連する記事はありません。

CONTACT

案件のご相談・ご予約のお客様