税務訴訟・その他

税務訴訟

税務訴訟は,租税法律関係に関する訴訟であり、税務訴訟の類型としては,取消訴訟・無効確認訴訟・不作為違法確認訴訟・過誤納付金還付請求訴訟・租税債務不存在あるいは租税債権確認訴訟・国家賠償請求訴訟・争点訴訟・徴収訴訟と多岐にわたっております。
税務訴訟は専門性が極めて高く、裁判官が税務に関する知識を有していないことも見受けられ、審理に多大な時間を要します。また、処分の取消訴訟においては、審理の対象は課税額の正確性であるという総額主義がとられているため、「処分の理由がおかしい」と考えて訴訟提起しても、ほかの理由で課税額が正確であれば、納税者は敗訴してしまいます。

当事務所は、このような無益な訴訟を防止し複雑な審理に適切に対応するために、専門性を備えた弁護士が依頼者の要望に応じた最適なリーガルサービスを提供いたします。

関連コラム

関連する記事はありません。

CONTACT

案件のご相談・ご予約のお客様