知的財産訴訟

知的財産訴訟

知財訴訟といっても、特許権、意匠権、商標権、著作権、不正競争防止法等の知的財産権の侵害訴訟・差止仮処分や、特許権、商標権等の無効審判や審決取消訴訟、職務発明の対価請求訴訟など多岐にわたります。知財訴訟も基本的には民事訴訟であることに変わりはないので民事訴訟法が適用されますが、知的財産法自体の専門性の高さや技術関連事項が訴訟の対象になることが少なくないという状況から独自の訴訟手続きが存在しています。
また、企業の国際的な事業展開に伴い、知財訴訟が国境を越える場合も珍しくありません。その中には、海外で日本企業が侵害訴訟を提起される場合もあれば、外国企業が日本で侵害訴訟を提起する場合もあります。

CONTACT

案件のご相談・ご予約のお客様