企業結合審査

企業結合審査

独占禁止法上、一定の条件を満たした事業者はM&A、合併、株式取得などの企業結合を行う場合、事前に公正取引委員会に対して届出を行うことが義務付けられています。
近年では、国内外の競争当局による企業結合審査が厳しく行われる傾向にあり、企業結合を行う事業者は事前相談制度を活用しつつ、必要に応じて問題解消措置を提案することが求められることがあります。公正取引委員会を含む国内外の競争当局のクリアランスをスムーズに獲得することは、ビジネスモデルを成功させるうえで最も重要な課題の1つであるといっても過言ではありません。
そのため、当事務所では、企業結合審査において競争当局の理解を得るため、当該業界の実態や取引慣行を深く理解した上で、市場に対する影響について事案に即した分析を行い、当局に対して効果的な説明を行います。

CONTACT

案件のご相談・ご予約のお客様